東京の交通事故専門の弁護士

交通量の多い東京で日常的に車を運転している人であれば、交通事故に遭遇する可能性はあります。その為に多くの人は自賠責保険に加えて任意の自動車保険に加入し、もしもの時に備えます。一口に交通事故といっても状況は一件一件異なります。一方的に悪い加害者となってしまう事もありますし、逆に被害者になってしまう事もあります。一般的には加害者側の保険会社の人が中心になって自己解決を進めて行く事が多いようです。その場合、被害者は時には自分で請求をしていく事になります。特に、自分が歩行者で相手が車で合った場合、相手の保険会社のリードで進めて行く事となります。納得のいかない場合も当然起きます。このような場合、弁護士を入れる事で納得のいく解決へ進めて行く事が出来ます。まずは相談してみる事も出来ますので、一人で悩まずに問い合わせてみるといいです。

東京での交通事故は弁護士を利用

交通量の多い東京では日常的に交通事故が起こっています。通勤時間など更に道が混雑するような時間帯の交通事故は非常に多いです。また逆に深夜や早朝などあまり交通量の多くない時間帯になりますと第三者の目撃情報なども得る事が出来ず、解決が難航する場合があります。いずれにしても、専門的な知識のある弁護士などに相談する事で速やかな解決が期待出来ます。加害者であっても被害者であっても、双方が納得のいく解決へと進む事が好ましいので当人同士では難しい状況となります。自動車保険に加入する時に弁護士特約がありますので、この部分を手厚い保障が受けられるように付加しておくともしもの際には安心です。被害者であっても加害者であっても、相手とのやり取りは精神的に苦痛を伴います。また専門知識がない事が余計に解決を遅らせてしまう事もあります。

東京で交通事故の場合は弁護士より司法書士に相談を

交通事故の被害に遭った場合、相手方の保険会社の従業員と示談交渉を行うというのが一般的な段取りでしょう。しかしながら、向うは交通事故の処理のプロであり、かつ裁判例の基準とは異なった保険会社にとって有利な内容を提示してきます。したがって、こちらが法律の素人の場合、このような不利な内容で示談してしまうというケースが多いです。このような場合は、法律家に相談することが重要と言えるでしょう。法律家というと一般的には弁護士を連想する人も多いと考えられますが、140万円以下の民事事件については司法書士も弁護士と同じように活動出来ます。むしろ、司法書士に頼んだほうが一般的には料金が安く済みます。さらに、近年は弁護士の不祥事や弁護士とのトラブルも急増しており、特に東京においてはこのような傾向が顕著です。よって、知り合いの口利きでもない弁護士に相談や依頼するのは危険であるとも言えます。

当事務所は、交通事故分野を専門的に扱っている法律事務所で、無料相談会も実施しておりますのでお気軽にご連絡ください。 保険会社は提示額を低く見積もっている場合が多い為、解決時の賠償金が増加することがあります。 中村橋本法律事務所では初回は無料で交通事故の法律問題の相談を承ります。 東京の弁護士、交通事故専門の中村橋本法律事務所へどうぞお越しください。